各部の呼び名を知れば、その由来や役割が見えてきます。
日本の各地に残る昔ながらの姿をした民家。そこにはただ古いというだけでなく、様々な価値があります。地震に耐え、風雪に耐え、時代の変化を乗り越え……。
各部の呼び名からも家に込められた知恵や工夫を知ることができます。

「家全体」各部の呼び名

① 大棟おおむね

屋根の最も高いところにある水平の部分。その内部にある水平方向の部材は棟木(むなぎ)という。竣工後の建物の無事を祈願する上棟式(棟上げ、建前などともいう)は、柱や梁などの基本構造が組み上がったあと、最後に棟木を上げる際に行われる。

② 破風はふ

切妻や入母屋の屋根で、妻面に付けられる三角形の板、または、三角形をなす部分を指す。形状により様々な呼び名があり、曲線で構成されたものを唐破風(からはふ)、屋根の途中に設けられたものを千鳥破風という。

③ 茅葺屋根かやぶきやね

茅とは屋根材に使われる草の総称。おもに耐水性の高いススキやヨシなどの茎が用いられる。現在、主流となっている瓦葺きが民家に導入されたのは江戸時代中期以降。このほか、薄板を用いる柿葺(こけらぶき)、檜の樹皮を用いる檜皮葺(ひわだぶき)などもある。

④ 垂木たるき

屋根の棟から軒へと差し渡す部材。垂木の上に下地を施してから瓦や茅を葺いていく。

⑤ 庇ひさし

窓や出入り口など、建物開口部の上に作られる雨よけ・日よけ用の小さな屋根。ろく庇は底面が水平で上面の勾配の小さいタイプ。勾配が大きく、小型の桁で支えるタイプは腕木庇(うでぎひさし)と呼ばれる。

⑥ 格子窓こうしまど

格子とは細い角材を縦横に組んだ建具。中間に横材のないものは連子(れんじ)とも呼ばれる。採光と通風を確保しつつ、防犯効果もあるため、窓だけでなく戸板などにも用いられてきた。京都の町屋の2階部分などで見かける、塗り壁に設けられた格子状の窓は虫籠壁(むしこかべ)と呼ばれる。

縁側(えんがわ)

建物の縁部分に張り出して作られた板敷きの通路。日本の家屋に独特な造りで、庭などの外部から建物内へ入れるようになっている。縁側の外側に雨戸や外壁がなく、雨風にさらされる状態のものは濡縁(ぬれえん)という。

縁柱(えんばしら)

縁側の外側にあって、軒(縁側の上の横材)を支える柱。縁側柱とも呼ばれる。

沓脱ぎ石(くつぬぎいし)

縁側や式台などの前に置き、履物を脱いでそこに置いたり、踏み台にしたりする石。

縁の下(えんのした)

縁側や床下に作られた空間。建物を湿気から守る役目があり、開口部から落ち葉などが入り込まないよう蓋をしたタイプも、通気性を保つため隙間が設けられている。

戸袋(とぶくろ)

雨戸や引き戸を開けた時に収納しておく箱状のスペース。敷居の端に設けられる。

土台(どだい)

木造建築物の最下部にある横材。腐りにくい栗の角材などが用いられ、礎石と柱の間に渡される。大黒柱など建物内側の柱は、礎石の上に直接建てられることが多い。

⑬ 礎石(そせき)

建物の基礎となる石。礎石の下には石や砂利が埋められ、地盤が沈まないよう、よく突き固めてある。古い民家では、普通の柱や土台の下には自然のままの玉石、大黒柱の下には方形の切石が据えられることが多かった。

屋根のかたち

左から入母屋(いりもや) 寄棟(よせむね) 切妻(きりづま)

日本家屋の代表的な屋根の形状は3つ。切妻は棟から両側に流れ(勾配)を付ける最も単純なかたち。寄棟は棟から四方に流れをもち、屋根の面は台形と三角形が組み合わされます。入母屋は切妻と寄棟を組み合わせたもので、棟から二方向に流れた屋根が途中で四方向に流れていきます。また、大棟と直交する建物の面を妻、並行する面を平といい、建物の表(主要な出入り口)が妻にある家屋を妻入り、平にあるものを平入りと呼びます。

部屋の各部の呼び名

竿縁(さおぶち)

天井板を支える細長い材。室内装飾としての効果もあり、ふつう床の間と並行に1尺から2尺(約30〜60㎝)の等間隔で渡される。

欄間(らんま)

採光や換気、装飾を目的として、天井と鴨居の間に設けられる開口部。格子や障子のほか、透かし彫りの彫刻を施した板などをはめ込む。

鴨居(かもい)

障子や襖などをはめる開口部の上部に渡される溝付きの横木。溝のないものは無目鴨居(むめかもい)、装飾用に開口部のない壁に取り付けられるものは付け鴨居という。

敷居(しきい)

障子や襖、雨戸をはめるため、鴨居と対になって開口部下部に渡される横木。門の内と外を分ける最下部の横木も敷居といい、「敷居が高い」などの慣用句はそこから生まれた。

襖(ふすま)

和室を仕切る建具のひとつで、木の骨組みの両面に紙または布を張り、周囲に化粧縁を取付けてある。寝所(臥す間)との仕切りに使われたのが名称の由来。「唐紙(からかみ)障子」、または単に「唐紙」とも呼ばれる。

障子(しょうじ)

格子状の骨組みに障子紙を貼った建具で、襖との違いは採光性があること。部屋の間仕切りだけでなく扉や窓にも用いられる。一部がガラス張りで、障子部分を開け閉めできるようになっているものは雪見障子という。

床の間(とこのま)

日本家屋に特有の室内装飾のひとつで、掛け軸や生け花が飾られる。室町時代、主君が家臣と対面する際に座った上段の間を「床」と呼んでいたのがその呼び名の由来。基本的には床の間の近く、床の間を背にして座る場所が上座になる。

小壁(こかべ)

床の間と座敷の境界の上に、天井から垂れている小さな壁。下部に渡される横木は「落掛(おとしがけ)」という。「下がり壁」ともいい、床の間だけでなく鴨居や長押の上に設けられた壁の部分も同じ名で呼ばれる。

床柱(とこばしら)

床の間の脇に立つ化粧柱。角柱が正式なものとされるが、装飾性を高めるため、柱の四隅に皮を削り残してある面皮柱(めんかわばしら)や円柱を用いることも多い。

床框(とこがまち)

床の間と座敷の段差に取り付けられている装飾用の横木。塗りを施したり、各種の銘木を用いることが多い。框(かまち)というのは室内の段差部分に取り付けられる化粧材のことで、玄関などの上がり口に渡される横木は「上がり框」と呼ばれる。

長押(なげし)

柱と柱の間を水平方向につなぐ横木のこと。もともとは建物の強度を高める部材だったが、現在では室内装飾として取り付けられることの方が多い。

天袋(てんぶくろ)

2〜4枚の引き違い戸をもつ袋棚で、押し入れや違い棚の上にあるもの。違い棚の下、床面に設けられたものは地袋(じぶくろ)と呼ばれる。

⑬ 違い棚(ちがいだな)

床の間の横の空間、床脇にしつらえられる段違いの棚。隣り同士の高さを変えながら、2〜3枚の棚板を取り付ける。

付書院(つけしょいん)

床の間の脇などに張り出して設けられる飾り棚。出文机(いだしふづくえ)とも呼ばれ、もともとは書斎としての機能も担っていた。

囲炉裏のある空間

①大黒柱 ②男座 ③木尻座 ④自在鉤 ⑤横座 ⑥囲炉裏 ⑦母座(嬶座) ⑧上がり框 ⑨式台 ⑩土間

かつては地方の農家などで当たり前にのように見られた土間から続く板の間。勝手、台所、茶の間、広間など、土地によって呼び名は異なりますが、そこは囲炉裏を中心に家族が一緒に食事をしたり、くつろいだりする団らんの空間でした。客間などと同様、囲炉裏端にも席順があり、土間から最も遠い奥の場所が家長の座る「横座」、その左隣が家事をする女性の「母座(かかざ)」、右隣が客の座る「男座」、土間に最も近い場所は使用人が座ったり、薪を置いたりする「木尻座(きじりざ)」などと呼ばれていました。

越道緑地 古民家園

今回、イラストのモデルにしたのは東京都立川市にある川越道緑地古民家園の小林家住宅。嘉永5年(1852年)に建てられた古い農家ですが、瓦屋根やアルミサッシに改装され、昭和63年(1988年)まで一般の住宅として使われていた建物です。これを古民家
園内に移築して昔ながらの姿に復元。誰もが気軽に見学できる施設になっています。

●入園無料/9:00~16:30/月曜定休/東京都立川市幸町4-65/☎042・525・0860(立川市歴史民俗資料館)